トップ / 病気になったら病院へ行こう

病気になったら病院へ行こう

病気になったら病院へ

病気には医師の治療

人間は、生きて生活していく以上、何らかの病気や疾病に悩まされます。生まれてから死ぬまでずっと元気で、なんの病いも患ったことが無い人は、本当に幸せなことです。治療をしてもなかなか治らない、何年も治療しているのにずっと同じ症状という方も大勢いらっしゃいます。そして、ある人は、病院や医者のせいと思うことでしょう。何らかの病気を抱えている場合、そちらに神経が行ってしまって暗い気持ちや絶望的になることもあります。病のケアとして言えるのは、心の持ちようで楽になる場合が多々あります。気を紛らわすという言葉がありますが、

医師の強みに関して

もう1つは、治療にあたってくれている医師とのコミュニケーションも大切です。自分の身体のことがどうなっているのか、どうすればいいのか教えてくれないという場合は、積極的に質問してみると良いです。何度も重複して同じ質問を繰り返すことは避けたいですが、医師も毎日沢山の患者を抱えているせいもあり、決して無視をしているわけではなく、こちらから話さないと医師から話さない場合もあります。そして、症状が安定していることや、こういった時こうなったなど、自分の日常のことをメモしておいて、特に気になることはアドバイスを頂くことを

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.