トップ / 医師と今後の医療について

医師と今後の医療について

未来の医師の仕事

医師が安楽死を行えない国

寝たきりになった高齢者や末期がんで痛みに苦しんでいる患者などは、人間としての尊厳を持っているうちに死にたいと願うケースもあります。安楽死を考えるのはそんなときでしょう。医師による安楽死処置を行える国と行えない国とが世界中に存在するため、住んでいる国によって考え方はそれぞれです。またアメリカの場合は国内でありながら州によって法律が異なります。患者本人の意思を尊重するほうが良いという考え方と、人間の寿命を第三者がコントロールするのは倫理観に反するという考え方で、世界中で論争が巻き起こされています。簡単に答えが出ない問題だからこそ、医療の現場で働くもの・治療を受ける側双方の意見を交わしながら最適な解決策を見出すことが出来ると良いでしょう。

遺伝子と医療について

遺伝子をもとに、最近の医療ではお子さんが将来どのような活躍をするのか、などの研究が行われています。これは最近、話題になった研究であり、子供の遺伝子がどのような才能を持っているのかを専用の検査などを使って調べるものです。この検査によって、運動の才能がある、文学の才能がある、などを調べることができます。親も、子供もこのような検査を行うことで、将来にどのような才能が開花するのかを調べることが出来るのです。こちらは勿論、どうしても検査を受けなければならないというものでもなく、希望する人のみ、親子で調べる手法がとられています。調べた結果、知らなかった才能を知ったというケースもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.