トップ / 女性の医師の今後とは

女性の医師の今後とは

女性の医師について

これから増えてくる女性の医師

今までは医師と言えば男性が多いイメージでしたが女性も増え、その需要が高まっています。例えば、デリケートな産婦人科です。デリケートな領域はやはり同性の方が向いている気がします。他にも、小児科や内科でも女性の医師の方が話しやすいという声もあります。優しく話を聞いてくれそうです。また、男女共同参画社会化が求められていることも背景にあります。これからは、男女の違いは関係なく仕事をしていく時代が来ると思うので、それの先駆けになる存在です。

女性医師の意義と今後の展望

以前までは、医師といえば男性が圧倒的に多かったのですが、最近になって女医も増えてきています。女性の社会進出が盛んになってきたことの現れであって、人材不足の解消という点においても非常に良い傾向だと言えます。また、女医は男性よりも患者に接することが上手な傾向にあり、患者をより安心させることができるし、また技術や経験も男性に劣ることはありません。今後もますます女性の医師が活躍できる環境が整うことにより、男女は関係無く働くことができることを世間にアピールすることや、人材の確保に繋がることが期待されています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.