トップ / 医師や治療方針の選択肢

医師や治療方針の選択肢

医師の専門分野の選択

病気になったときの医師の選択肢

体の調子が悪くなって病院に行ったとき、医師の説明や治療方針に納得がいかない場合はどうしますか。大きな病院であれば担当の先生を替えてもらうこともできるでしょうし、個人病院であれば別の病院に行ってセカンドオピニオンを受けるのも有効な1つの選択肢です。特に担当の先生を替えてもらうのを言い出すのは少し勇気がいるかもしれませんが、自分の大切な体のために納得できる安心した医療が受けられるようにしたいものですね。

医師としての選択肢とは

医師と一言に言っても専門に就くことができる選択肢は様々です。内科医や外科医、整形外科医や精神科医などがあり、自分の得意分野に応じて選ぶ事もできます。しかし、どの分野でも1つだけ言えるのが命を預かっているという事です。薬の指示や患者にかける言葉など気を遣う事や大事にしなければいけない事があるのです。ですが、それを乗り越えて患者さんにありがとう、と言われる事が喜びであり、命の大切さを実感する機会になるのではないでしょうか。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.