トップ / 医師の学会参加の意味

医師の学会参加の意味

医師の学会参加とは

医師の学会参加について

医師は定期的に参加しています。内科医ならば内科学会に所属し、年に一度の学術集会に参加します。義務付けられているわけではありませんが、専門医などの資格を得るためには、学術発表などが必要です。様々な学会があり、それぞれが毎年集会を行い、さらに分科会を行っていますので、月に何度も出張するケースも珍しくはありません。改めて学ぶ機会として、資格更新のない医師らには大変有意義な機会となっています。外来休診などで患者様方にご迷惑をかける場合も多々ありますが。

医師の学会に変な視線を感じる時

医師というのは当然室内の仕事ですから、肌が真っ白になるのは職業上仕方のないことです。それがゆえに、困る場合もあるのです。ある知り合いの医師の方は登山が大好きで、特に夏場は休みの日には登山によく出かけるそうです。当然、日差しが強い中歩くので、皮膚は真っ黒になってしまいます。そんな中学会に出ると「お前は本当に医者か?」という質問を多数受け、変な視線を感じるということです。医学の世界もいろいろと変な常識があるのだと思った瞬間です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.