トップ / 医師が休日を取ること

医師が休日を取ること

医師の休日に関して

医師の休日が取りやすくなる

一般的に医師は休日を取りにくいとされています。1日もしくは2日は休みを取ることになっていますが、自宅にいても急患などで呼び出されてしまったりと大変な職業です。しかし経験を積み40代くらいになると休みが取りやすくなるようです。また勤務医ではなく開業医になれば、自分で設定した休診日が休日となるため比較的休みが多くなるとされています。それでも残業などで1日の勤務時間が長くなることも珍しくありません。そんな医師の働きのおかげで多くの人々の健康が守られています。

医師の休日について知る

勤務医の1ヶ月の休日が4日以下である人は約45%で、休日がないと答えた人は9%です。本当は週に休みが1日または2日になっていても、ほぼ毎日病院に拘束されているのが現実です。休みの日に家にいてもいつ病院から呼び出しの電話がかかってくるか分かりません。経験がまだ少ない5年~10年くらいの医師は1番忙しくて休みはほとんどないです。経験年数の多い40代を過ぎたところからちょくちょくと休みがとれるようになっていきます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.