トップ / 医師になるための国家試験

医師になるための国家試験

医師に必須の国家資格

医師を目指して国家試験を受ける

医師になるためにはいくつかのハードルを越えていかなくてはなりません。その中で最も難関になっているのが医学部への入試になります。医学部は偏差値が高く、収入が保険診療で安定してきたころから志望者が増えてきて医学部に入るのが次第に難しくなってきました。国家資格試験の合格率は90%前後に達していて、医学部を卒業していれば国家試験を繰り返し受けることができるようになっていることから、医学部に入って6年間の医学生活を送れば医者になれる確率は高くなっています。

医師になるために必要な国家資格

医者は、「医師免許」を取得している人だけが就くことができる職業です。これは、国の法律に基づいて与えられる国家資格のことで、取得するには様々な試験に合格することが必要になります。医者になるためには、まずは医学を学ぶことができる大学に入学し、授業・実習での知識・経験を積み重ねなければなりません。大学のカリキュラムを修了して卒業・卒業見込みの人にのみ国家試験を受ける権利が与えられます。この国家試験に合格して初めて、医者として働くことができるようになるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.