トップ / 増えてゆく医師の仕事

増えてゆく医師の仕事

医師が防げる問題

児童虐待を防ぐための医師の見る目の大切さ

子の虐待が増えているようです。児童虐待を防ぐために児童相談所が設けられるなどの処置が取られていますが、虐待はどうやって発見されるのでしょう。多くの場合は、近隣からの通報によるものですが、それだけではありません。過度の虐待を受けた子は、大怪我をし、病院に緊急搬送されることがよくあります。その時に医師が治療を施す際に、あきらかな偶発的なケガではないと予測できたり、その場所以外にも内出血が見られた場合、児童虐待を予想します。その場合、その医師は児童相談所に通報する事があります。児童虐待の問題を解決するために、医師も協力しているのです。この他にも、子ども達の通う、幼稚園や保育園、学校といった場所も同じような働きをしてくれています。

医療分野における遺伝子研究の活用

医療分野における遺伝子研究の活用の顕著な例としては、遺伝子検査が挙げられます。検査によって、癌の早期発見やメタボリック症候群の診断などに役立たせることができます。検査によって、将来発症する可能性のある疾患を突き止め、発症予防もしくは重症化の抑制を行います。検査でわかる項目は、各病院の検査方法によって異なりますが、肥満、メタボリック症候群、糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、などです。その他、眼科での眼病検診もあります。代表的な検診方法は採血です。検査において、データ結果で指摘された疾患が必ず発症するけではなく、各病院もその旨を強調しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と安楽死と人工栄養. All rights reserved.